投稿

触覚若手の会 第12回集会 EuroHaptics2020勉強会@オンライン会議

イメージ
  Updates ・2020年12月23日(水):事後報告公開 ・ 2020年11月20日(金):プログラム公開 ・2020年10月15日(木):ウェブページ公開 事後報告 2020年12月15日(火),オンライン会議(Zoomを使用)にて15名の若手触覚研究者が集まり,EuroHaptics2020勉強会を実施しました.本勉強会は下記の「EuroHaptics2020勉強会とは」にあるように,国際学会に採択されるような研究テーマ立案や論文の書き方習得のために,参加者がEuroHaptics2020の論文紹介や査読者として論文を評価するプロセスを体験しました. 自己紹介&論文紹介 まず,参加者に事前に割り振られた論文の紹介と,自己紹介を行いました. 発表は,自己紹介1分,論文紹介5分,質疑3分,入れ替え1分の10分構成としました.質疑は前回から引き続き,GoogleDocに各自記入し,座長が代読する方式で進めました. 論文カテゴリ分け 論文紹介の後には,各自紹介した論文のキーワードを羅列していき,座長の前田さん主導で各論文をカテゴリ分けしていきました(下図).議論の結果,カテゴリを大きく「Perception」と「Device」に分けました.   疑似査読者会議 参加者を紹介論文に従い「Perception」と「Device」にグループ分けし,ブレークアウトルームにて各グループ内のベストペーパーを決定する擬似査読者会議を実施しました.疑似査読者会議では,論文の評価ポイントとして,VR学会論文誌で採用されている,「新規性」「再現性」「妥当性・有用性」の3項目について各論文で議論しました.筆者が参加した「Device」グループでは,まずは発表者が3項目を5点満点で採点し,採点後に全員で採点の妥当性を議論しました.採点後,2本の論文が得点で並びましたが,カテゴリが「Device」であったため,「3項目の中でも新規性が高い方が良いのでは」という意見があり,それを採用する形で,グループ内のベストペーパーを選出しました. 結果発表 疑似査読者会議の結果は以下のようになりました. 「Device」グループ 論文名:A Parallel Elastic Haptic Thimble for Wide Bandwidth Cutaneous Feedback fingertip 紹

第25回日本バーチャルリアリティ学会大会OS「触覚若手の会ーこれまでとこれから」

イメージ
第25回日本バーチャルリアリティ学会大会OS「触覚若手の会ーこれまでとこれから」 は終了しました! 今後とも触覚若手の会をよろしく願いします!! Updates ・2020年9月23日(水):OSのビデオ,事後報告(アンケート結果含む)を追加 ・2020年9月3日(木):OSの詳細を追加 ・2020年7月31日(金):ウェブページ公開 本記事では2020年9月17日(木)に日本バーチャルリアリティ学会大会で行われたハプティクス研究委員会OS「触覚若手の会-これまでとこれから」について紹介しています.当日は触覚若手の会の幹事に加えて,過去の類似の若手の集いである「皮膚ラボ」と「触覚勉強会」の元幹事である梶本先生(電気通信大学)と岡本先生(名古屋大学)にもご登壇いただきました.大変好評であったことと,今後の触覚若手の会を含む類似の若手の集いを運営される幹事の方のために,OSで得られた知見や苦労話を拙い文章で恐縮ですが報告させていただきます. ビデオ 事後報告 執筆者:「えーと」が多いOSの座長を務めた蜂須 拓( 筑波大学 ) 新型コロナウィルス感染拡大防止のためオンライン開催となった第25会日本バーチャルリアリティ学会において,2020年9月17日にハプティクス研究委員会OS「触覚若手の会-これまでとこれから」を行いました.学会2日目の朝一番のセッションであったにもかかわらず,最大で約60名程度の参加者数を記録したことからも大盛況であったと思います.まずはじめにご登壇いただいた梶本先生,岡本先生,OSの開催をサポートいただいたハプティクス研究委員会の皆様,日本バーチャルリアリティ学会の皆様,そして触覚若手の会の皆様に感謝致します,ありがとうございました! OSでは,まず石塚先生と永野先生から触覚若手の会の発足の経緯とこれまでの活動についてご紹介いただきました.詳細は本ブログの他の記事にも載っているとおりですが,美しくまとめていただいたのと,今後の似た活動の参考になればと思いますので講演資料を共有させていただきます .4年間で10回もの集会を行ってきたのだなぁと幹事ながら感じました. 次に梶本先生より皮膚ラボについてご紹介いただきました. 皮膚ラボが発足したのは2001年で,当時の触覚研究の動向から当時主に東京大学に集中していた若手触覚研究者が中心となって皮膚ラボを結成

触覚若手の会 第11回集会 質問力勉強会@オンライン会議

イメージ
Updates ・ 2020年10月6日 (火) : 事後報告公開 ・ 2020年9月14日 (月) : 発表タイトル公開 ・2020年9月 8日 (火) : 開催概要の変更,プログラムを更新 ・2020年7月17日(金): ウェブページ公開 事後報告 2020年9月15日(火),オンライン会議(Zoomを使用)にて17名の若手触覚研究者が集まり,質問力勉強会を実施しました.本勉強会は下記の「質問力勉強会とは」にあるように,研究発表に対する質問する能力を養うために,研究発表に対して質問し,最後に質問を振り返りながら「良い質問とはなにか」を分析しました. 研究発表&質疑 まずは実際に研究発表に質問する研究発表セッションを行いました. セッションは選抜者による研究発表(10分)の後,参加者による質疑(10分)を行いました.発表者は幹事が選抜し,博士課程,ポスドク,教員と発表経験がある程度分散するように設定しました.質疑は,参加者が指定のGoogleDocに質問を記入し,セッション座長が選択及び読み上げる形式で行いました(下図).質疑の時間を10分設けたため1発表に対して10件近い質問が寄せられ,通常よりも多くの質問をとりあげることができました. フリーディスカッション フリーディスカッションでは発表&質疑を受けて「良い質問」とはなにかを議論しました.議論の順としては, ・前セッションでの質問を受けて,質問のカテゴライズ ・発表者目線で良い質問,聞かれて嬉しかった質問はなにかを発表者から発表 ・参加者全員からの感想 としました. 質問のカテゴライズ  詳細を訊く質問(パラメータの質問)  研究内容が発展するような質問(転用の質問)  発表者が持っていなかった視点の質問  ただの感想  目的はなんですか  改めて話す機会をつくる質問  どこにも公開してない情報を聞き出せる  攻撃な質問(これはNG) 発表者目線からは以下の様な意見が寄せられました. ・良いというか,されて嬉しい質問のひとつに,次にやることや将来的にやるべきことにつながるような質問(中村先生) ・やるべきことだが,自分が気づいていない内容.(実験統制や条件など)(中村先生) ・攻撃をする質問は良くない.(宇治土公先生) ・頭にはあったが、ストーリー構成の都合上含むことが出来なかった

触覚若手の会 第10回集会 イントロ勉強会@オンライン会議

イメージ
触覚若手の会 第10回集会 「イントロ勉強会@オンライン会議」は終了しました! 次回もよろしく願いします!! Updates ・2020年6月01日(月):事後報告を追加 ・2020年5月26日(火):プログラム一部更新 ・2020年5月07日(木):会場変更,プログラム公開 ・2020年4月14日(火):ウェブページ公開 事後報告 2020年5月27日(水), オンライン会議(Google Meet使用)にて,16名の若手触覚研究者でイントロ勉強会を実施しました.今回の勉強会では,Google Meetで発表を聴講し,Google Docsで質問を書いていくという形式を取り入れました.質問者が一人に限定されないため,活発な議論・質疑応答ができました. (運用方法を提案してくださった蜂須先生,ありがとうございました) イントロ発表 参加者のみなさんには,事前にイントロ部分のスライドを作成していただきました.イントロ勉強会当日では,自己紹介: 1分,イントロ紹介: 3分,質疑: 10分,交代: 1分で発表していただきました. 発表者の方は,参加者からの鋭い質問に 適切な受け答えをしていました. 今回のイントロ勉強会において,重要だと思った点を下記に示します. ・本質的な問題・課題は何か(挑戦) ・どうしてその解決方法が良いのか(新規性) ・問題・課題に対して何ができたのか(インパクト) 具体例としては,手段と目的が入れ替わってしまっている(手段が話のメインに見えてしまう)ことがあり,何に対して挑戦するのかが読み取りにくいことがありました.また,「なぜ提案手法をVRシステムに適用するのか」という根本的な背景が抜けてしまっていることもありました.読者にそう読み取られてしまわないように,明記することが重要だと思いました. 懇親会 オンラインでの勉強会に伴い,懇親会もオンラインで実施しました.懇親会では,Spatial Chat ( https://spatial.chat/ )を使用しました.オンラインの懇親会でも「次にこういう研究を一緒にできると面白そう」というような議論をしていたグループがありました.研究室によっては,触覚研究がメインではないため,若手同士で触覚研究の話しができるのは良い機会だと思いま

触覚若手の会 第9回集会 招待講演「企業で働く触覚研究者」@SICE SI 2019

イメージ
触覚若手の会 第9回集会 招待講演「企業で働く触覚研究者」は終了しました! 次回もよろしく願いします!! Updates ・2019年12月12日(木):事後報告を追加 ・2019年12月3日(火):参加登録延長 ・2019年11月8日(金):講演者情報を追加 ・2019年11月1日(金):ウェブページ公開 事後報告 2019年12月11日(水),高松シンボルタワーにて12名の若手触覚研究者で招待講演「企業で働く触覚研究者」を実施しました.今回の講演会は場所が悪かったものの,SICE SI 2019の前日に開催したことから,SICE SIの参加者がこちらにも多く参加していただき,活発な質疑応答が行うことができました.以下に講演を要約および筆者の感想を書きますが,業務に関わる部分もあるので,だいぶぼかして書いています. そういえば,筆者は何故今の職場や業種で働いているのかということを考えたことはあまりませんでした.回想してみるとあまり深く考えずに博士課程に行って,就職して転職して今に至ります.そんな人間からしてみると他の人の就職の理由というのは非常に興味深いです. 講演①:「産総研ってどんなとこ?」 講演者: 田辺健さん 1人目の講演者は産総研の田辺さんでした.田辺さんは今年の3月に産総研に入所して,そろそろ1年目が終わるフレッシュな方です.参加者の大半は修士課程の学生であり,最近働き始めた人の話というのは非常に気になるところでしよう. 産総研の良い点や悪い点を紹介して頂きました.出向の制度,研究費の支給,若手の育成に関する面がしっかりしており,研究のしやすい環境であるという印象を受けました. 大学の運営交付金は年々減少しており,現在では配分される研究費だけでは研究することが困難な大学が大半です.筆者も過去に大講座で研究室を運営していた時は十数万円しか講座費が配分されていませんでした.一方で,産総研ではまだ研究が可能なレベルの研究費が確保されているようです. また,テニュアトラックの研究者は研究への専念が推奨されており,任期付きやテニュアに関わらず仕事を割り振る大学と比較すると腰を据えて研究ができるような印象を受けました.他にも,キャリア形成のために40歳以上になると他の機関に出向したり,某元公社のように50歳