触覚若手の会 第12回集会 EuroHaptics2020勉強会@オンライン会議

 Updates

・2020年10月15日(木):ウェブページ公開

EuroHaptics2020勉強会とは

EuroHaptics2020で発表された論文を勉強するための会です.5分間の論文紹介を参加者全員が行うことで,EuroHaptics2020で発表された論文内容を広範囲に渡って勉強します.また,自分達で論文を評価することによってどのような基準で論文を採択しているのかも考えます.これらのプロセスを通じて国際学会で採択されるような研究テーマの立案や論文の書き方を勉強します.具体的には以下の内容を考えています.

  • 発表者は5分で自分が読んだ論文を紹介

  • 発表された論文全体を分類することでトレンドを把握

  • 分類した論文に点数を付けてレビューを行い,査読者心理を学ぶ

触覚以外の研究分野からの参加も歓迎します!


なお,新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ,第11回集会と同様にオンラインで開催いたします.


開催概要

2020年12月15日(火)13:30-(13:00から受付開始)

会場: Zoomによるオンライン会議(会場のURLは後日発表)


参加方法

下記Google formより,参加登録してください(締切:2020年11月16日(月)23:59).

参加登録フォーム


発表準備

  • 事前にEuroHaptics2020の論文を読んで,それをスライドに纏めて下さい.
  • 論文は各発表者につきTechnical Paper1本を考えています.
  • 論文のデータは参加者宛にこちらからメールでお送り致します.
  • 文字が多めになっても構いません
スライドの例
  • 1ページ目:タイトル,氏名,所属
  • 2ページ目:Full Paper(Oral or Poster)の研究背景,目的,コントリビューション
  • 3ページ目:Full Paper(Oral or Poster)の実験方法
  • 4ページ目:Full Paper(Oral or Poster)の実験結果
発表テンプレート(※テンプレート通りではなくても構いません.) https://bit.ly/2xKZxsX

発表方法

  • 自己紹介と論文紹介:5分

  • 質疑+入れ替え:5分

※参加人数によって変更する可能性があります.


論文カテゴリ分け・疑似査読者会議

  • 論文発表後,論文を分類(デバイス,アプリケーション,知覚等)し,学会のトレンドを掴む.

  • 分類に従って1グループあたり5名程に分かれる.グループ内で採択率に従って論文の採択・非採択を決定する疑似査読者会議を行う

  • グループの代表1名が採択・非採択論文とその理由について発表する


その他

  • 気軽に発表準備してもらえればと思います.

  • 発表したい論文がある場合には伝えて頂ければ対応します.尚,なるべく自分の専門分野とは近くない論文を推奨します.


プログラム

後日公開予定

懇親会

時間:18:30~ 会場:オンライン飲み会(Zoom)

オーガナイザ

石塚 裕己(大阪大学)

田辺健(産業技術総合研究所)

永野 光(神戸大学)

中村拓人(東京工業大学)

蜂須 拓(筑波大学)

前田智祐(豊田中央研究所)

ヤェム ヴィボル(首都大学東京)


お問い合わせ

t-tanabe[at]aist.go.jp (田辺)

コメント

このブログの人気の投稿

触覚若手の会 第9回集会 招待講演「企業で働く触覚研究者」@SICE SI 2019

触覚若手の会 第10回集会 イントロ勉強会@オンライン会議

触覚若手の会 第8回集会 IEEE World Haptics Conference 2019勉強会@VRSJ2019